忍者ブログ

遊惰な惰声

   
カテゴリー「雑記」の記事一覧

オーディオドラマの音と音の間。

ここ最近、参考資料と称してTwitterで宣伝されているオーディオドラマや、自分や知人の過去作品を聞き返したり、ラジオ局のラジオドラマなんかを聞いたりしているわけですが。


思ったことを覚え書きとして。

自主制作オーディオドラマで俺が途中で集中力が切れる作品にはやっぱ傾向があるんだな、と。

それは「無音・ガヤ」のシーンが長いもの。

個人的には3秒。

心理学的にも3秒前後が一つの「今を感じる」単位、とされているようで。

人間に限らず、自然界で3秒というのは大きな意味を持つ時間らしい。

ラジオ局の場合でも3秒ルールあるいは5秒ルールというものがあるそうだ。


©️講談社 波よ聞いてくれ 沙村弘明 著 

3秒だろうが5秒だろうが、結局はそれ以上の時間の間が空くと、人間はあれ? って思うものなわけだ。

俺が集中力が切れた作品を一つ例に挙げると

主人公が雑踏の中を歩くシーン、足音と背景でガヤが喋っているだけのシーン。

このシーンで次にアクションが起こるのは40秒後だった。

10倍以上の何も起こらない、何もないシーンを展開していたわけだ。

しかもリスナーからすれば、この足音が「主人公のものかのかどうか」すら、40秒後のアクションが起こるまで一切わからない。

これが映像作品であれば、歩いている人物が見えているわけだから、そんなことは起こらないだろう(それにしたってカメラワークも一切なくただ歩いているだけなら問題だと思う)。

ガヤや足音というのは厳密な「無音」ではない。が作中の出来事としては「何も起こっていない」瞬間である。

その何も起こっていない時間が3秒を超えていることで「視聴者を次の展開が起こるまで待たせている」という状態になるわけだ。

作者の目線からすれば、役者陣にやってもらったガヤをしっかり使いたい、という気持ちや世界観や雰囲気を伝えたい、という気持ちもあるだろう。

だが、それは本編の展開で伝えればいいだけだし、あらかじめ知ってほしいと思うのならあらすじ紹介なりなんなり別の手があるだろう。

放送事故、とあえていうがそれを起こしてまで伝えなくてはいけない内容ではないし、事故で伝わるものなどそもそも高が知れる。というものだ。だって集中力切れてるから。



逆に、ホラー作品の場合であれば、3秒の間を空けて何も起こさないことで、安心感を与えて、その上で驚かせる。という手は効果的なのかもしれない。ホラー映画の間がどれくらいか、測ったことはなかったが。

拍手[0回]

PR

オリガを終えて。

新百合ヶ丘、田園ポテトにて行われた「成澤布美子 afternoon tea live 第三回公演 オリガ」

突発だったのもあり、ブログの存在を忘れていたのもあり、完全に宣伝を忘れていたのでいまさらなんですけどね。

昨日、無事に千秋楽を迎えました。

自分は設営とカメラ担当だったので、舞台製作に関しては全く携わっていない、というか。

本番の一週間程度前に急遽手伝いに入ることになったわけですが。

単純にカメラを撮ってるだけでも、見えるものってのはあるもんですな。

あと、今回の主演・企画・演出の成澤さんに、弟子入り? する形で、指導していただけることになりました。

自分一人で今まで独学でやって来ていて、これからも独学でやっていくことは多いにあるんですけれど。

ここらで一度「他人から見た意見」と言うもの「自分のやり方の非効率的なところ」そういう面などの矯正・修正を行なっていきたいと。そういう考えです。

また、今回の成澤さんとの関わりから、地元に技術知識を持っている人、活動している人の多様さを知ったところもあるので、そこはやはり活かしていきたい。活かさなければ損だなぁとおもいました。

正直、同人活動がしたいのではなく、自主制作活動がしたい、と言うのが本音というか、芯にあるんですよね。俺個人としては。

地元映画祭のボランティアスタッフをはじめとして、関われる枠組みはまだまだあるので、ほんと取っ掛かりとしては小さいけれども手を入れていかねばならないな。と。そう感じる次第。

拍手[0回]

断捨離をしよう。

Twitterの公式アプリをiPhoneから削除しました。
アカウントは消してませんが、携帯からTwitterをする事は減らします。
リプライやダイレクトメッセージはメール通知が来るように設定したので見落とす事は無いですが。
Youtube、ニコニコ動画のアプリも削除しようか思案しつつ、使わないな、と思うものや、時間を取られるな、と言ったものを省いていこうかと。
スマホゲーも削除したし、RSSリーダー、メール、ニュースアプリ、Podcast、Radiko。この辺りが残っていれば問題も無いだろうと。

拍手[0回]

AKIRAと傲慢と偏見とゾンビ

ハリウッド版AKIRAの2009年時コンセプトアートの動画が出ていたので、チラリと見て来た。
動画冒頭に大友AKIRAの映像の一部が流された上でのコンセプトアートだったのだけれども、映像世界の明るいブレードランナー或いは時計仕掛けのオレンジのような、あの近未来感。サイバーパンク感。
AKIRAを実写にしたら確かにこんな感じかもな、と思いつつ、映像画面が暗くないので、見やすい、というか。
分かりやすい。
2009年の時にここまでのものが出来ていて、二転三転しつつも凍結・中止ではなく実現の為に動いているらしいという事は希望を持って期待したい。

そして、傲慢と偏見とゾンビ。
話題になったのはこれもいつだったか。
ようやく9月に公開が決まったそうで。
当時自分が得ていた情報とストーリーが違う気がしたのだけども、自分の勘違いだったのか?
原作小説があるし、製作開始してからシナリオが変わることはない(と思う)から勘違いなんだろう。
ウォームボディーズでもそうだったけど、ゾンビと戦う女性が主人公の恋愛映画ということで。
なんていうか、恋愛においての主人公は男性よりも女性なんだな。
男性が主人公だったら恋愛は一先ず置いといて、ゾンビと戦ってから考えよう。ってなりそうな気がするし、実際そうなることが多いんだろうな、と。

AKIRAはともかく。
高慢と偏見とゾンビの公開は今から楽しみですな。

拍手[0回]

昨年は。

結局お久しぶりな更新です。
PC自体に触れてない日が大分ありました故。
今年度中はまだPCに触れない日が多いと思う状態なんですが、新年度になったら落ち着くと良いなと。


昨年は舞台二回目やらリーディングライブやらちらとやらせていただきまして、同時に地元に馴染みになれそうな店も出来まして、ネット環境の外で動けてる感じですよ。

拍手[0回]

プロフィール

HN:
永井 晶
性別:
男性
職業:
俳優/声優
自己紹介:
Studio arshe所属 
日本ボイスコーポレーター連盟正会員

仕事情報

過去の出演作品はこちら

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部ツール

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- 遊惰な惰声 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]